コラム    

外壁塗装の優良業者の選び方を解説|失敗しないコツは?大切なポイントとは?

外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、建物の耐久性を向上させる重要なメンテナンス作業の一つです。しかし、外壁塗装工事の成功は適切な業者の選定にかかっており、その選び方に悩むことも珍しくありません。

この記事では、失敗しないための外壁塗装業者の選び方について詳しく解説します。信頼性の高い業者を見つけ、大切な住宅を長く美しく保つためのステップを確認しましょう。

失敗しない外壁塗装業者の選び方

外壁塗装業者を選ぶ際、失敗しないようにするために重要なポイントがあります。以下に、外壁塗装業者を選ぶ際の5つのポイントを詳しく解説します。

外壁塗装業者の選び方のポイント
  • 相見積もりを取る
  • 施工実績を確認する
  • 質問に対する回答を確認する
  • 外壁塗装業者の資格と許可
  • アフターフォローと保証内容を確認する

相見積もりを取る

外壁塗装工事を検討している際、適正な価格で信頼性のある業者を選ぶことは非常に重要です。そのために役立つ手法の一つが「相見積もり」です。

相見積もりとは、複数の業者に依頼して工事の見積もり出してもらうことです。

相見積もりを取るメリット

相見積もりを取るメリットは以下の通りです。

  • 適正な価格を見極めるのに役立つ
  • 業者の信頼性の確認することができる
  • 適切な業者数の選定することができる

相見積もりを取ることで、複数の業者から価格の見積もりを得ることができ、適正な価格を見極めるのに役立ちます。競争が促進され、お得な価格を得る可能性が高まります。

また、業者は競合他社が存在することを知っているので、高額な見積もりを提示しづらくなるため、不当な見積もりの回避に繋がります。

相見積もりを取れば、価格だけでなく、信頼性や提供されるサービスの内容も比較できるので、優良な業者を選定しやすくなります。

相見積もりを取る際のポイント

相見積もりを取得する際のポイントは以下の通りです。

  • 約3社に工事の見積もりを出してもらう
  • 価格だけでなく提供されるサービス・使用される材料・工事のスケジュールなどを注意深く確認する
  • 価格と品質のバランスが取れているかを判断する

あまりにも多くの業者に依頼すると混乱しやすく、時間がかかることがあります。見積書の作成依頼は3社程度に留めておきましょう。

見積書で目を向けるのはやはり施工価格でしょう。価格が安すぎる場合は注意が必要です。品質が悪い資材を使っている可能性が高く、資材による施工不良が起これば、再工事が必要になるからです。価格とサービスのバランスが取れているか、慎重に判断して業者を決めるようにしましょう。

2. 施工実績を確認する

外壁塗装業者に依頼する前に、施工実績をホームページ等で確認しましょう。経験豊富な業者の選定は、外壁塗装工事を成功させる秘訣です。本当に経験豊富で信頼性があるのかを判断するために、施工実績の確認は欠かせません。

施工実績の確認で抑えるべき点は3つです。

  • ご自身が依頼したい工事と同じような工事の実績が過去にあるかどうか
  • 地域によって気候や建材などが異なるため、対応可能な地域を確認する
  • 写真や証拠資料を提供できるか確認

過去の施工内容について聞ける場合は、使用された材料や技術、工事のスケジュールなどについて質問してみましょう。業者の品質と専門知識を評価しやすくなります。

また、口コミを調べてみましょう。実際に依頼した人のフィードバックや評価は信頼性の指標となります。

3. 質問に対する回答を確認する

業者が質問に対して専門的で具体的な回答を提供できるかどうかは、その業者が詳しい知識を持っているかどうかの指標となります。漠然とした回答ではなく、具体的な情報や説明を提供できる業者を優先しましょう。

また、工事のメリット・デメリットの説明がされるかも重要です。工事にはリスクや制約が存在することがあり、その点を正直に説明できる業者は信頼性が高いと言えます。

業者の提案に対しては、それを支持する具体的な根拠や理由があるかどうかも尋ねましょう。提案がただの主観的な意見ではなく、根拠に基づいていることが見極めるポイントです。

4. 外壁塗装業者の資格と許可

外壁塗装業者が持つべき資格と許可について詳しく説明します。
外壁塗装業者を選ぶ際には、資格と許可を持つ業者を優先的に検討することが重要です。下記の要素は信頼性と品質の保証を提供し、建物の価値と美観を守るために不可欠です。

塗装技能士

外壁塗装業者が持つべき資格の一つが「塗装技能士」です。この国家資格には1級、2級、3級があり、それぞれの取得条件と重要性について説明します。
特に1級の取得には経験豊富なスタッフがいることが示され、高品質な仕事が期待されます。

建設業の許可

大規模な外壁塗装工事に関しては、建設業の許可が必要です。この許可を取得するには自治体の審査が必要であり、信頼性と法令順守の証明となります。特に500万円以上かかる工事では必須となります。

信頼性と品質の保証

資格と許可を持つ業者は、お客様に信頼性と品質の保証を提供できるという点で優れています。外壁塗装は建物の寿命と美観に大きな影響を与える作業であり、専門的な知識とスキルが求められます。
資格と許可を持つ業者は、高い技術力を備え、法律や規制に従ったプロの仕事を提供することが期待されます。

5. アフターフォローと保証内容を確認する

工事やリフォームが完了した後も安心して過ごしたいと思うのは当然のことです。しかし、業者のミスや施工不良、予期せぬ問題が生じる可能性は常に存在します。そのため、アフターフォローと保証内容の確認が不可欠です。

保証の種類や受けられる条件、適用期間を業者に確認しましょう。

保証内容は書面に残してもらいましょう。保証書は将来的なトラブル時に証拠として役立つので、大切に保管しておきましょう。

外壁塗装業者の探し方

外壁塗装業者を見つける方法は多種多様です。インターネットは便利な手段の一つですが、それ以外にも効果的な方法が存在します。以下では、外壁塗装業者を見つけるための方法を詳しく解説します。

友人・知人の紹介

知人や友人、家族など、身近な人々への相談は、信頼性の高い業者を見つける一つの方法です。

特に、実際に外壁塗装を行った経験を持つ人からのアドバイスや紹介は、貴重な情報源になります。過去の実績や満足度を確認し、信頼性のある業者を見つける手助けになります。

また、友人・知人の推薦があるため、工事を依頼する際に安心感を持つことができます。

ただ、感想や意見は人によって異なります。情報は鵜呑みにせず、参考程度に留めて、自分で業者の口コミ評判を調査してみるのがおすすめです。

地元のチラシや広告を調べる

地元のチラシや広告の調査も、外壁塗装業者を探す一つの手です。

地域に根ざした塗装会社がチラシや広告を出していることがあります。

地元のチラシや広告は有用な情報源になりますが、優良業者かどうかを見分けるのは難しいです。依頼をする前にインターネットなどで口コミや実績などを調べて依頼するか判断するようにしましょう。

インターネットの見積もりサイトを使う

外壁塗装業者を探す方法の一つとして、インターネットの見積もり比較サイトの利用は非常に便利です。

インターネット上には、外壁塗装業者を比較・検討するための見積もりサイトが数多く存在します。これらのサイトを活用することで、複数の業者から見積もりを取得し、価格やサービス内容を比較できます。また、レビューや評価も参考になるため、信頼性の高い業者を見つける手助けになります。

外壁塗装業者の種類

外壁塗装の業者は大きく以下の3つに分類できます。

  • ハウスメーカー
  • リフォーム業者
  • 地元の外壁塗装会社

ハウスメーカー

ハウスメーカーは建築業界での信頼性が高いため、外壁塗装にもその信用が反映されます。
厳格な品質管理により、施工の失敗リスクが低いです。

住宅建設とリフォームを一貫して提供するため、外壁塗装を他のプロジェクトに組み込むことが可能です。

顧客の要望に合わせて外壁塗装のデザインや仕様をカスタマイズすることができます。

ハウスメーカーによって価格が異なるため、複数の見積もりを取得して比較検討することが重要です。契約条件と保証について確認し、納得した上で契約するようにしましょう。

リフォーム業者

リフォーム業者は、住宅や建物の改装・修繕に特化した専門業者です。一般的に大手ハウスメーカーよりも規模が小さく、多くのリフォーム業者が市場に存在します。

建物の改修や修繕に関する幅広い知識と技術を持っており、建物の構造や設計に対処できます。外壁塗装と同時に他の箇所のリフォームもできるので、外壁以外に気になる箇所がある場合は、リフォーム業者に相談してみましょう。

リフォーム業者の中には、技術力に差がある場合があります。特に、別業界から参入した業者は施工経験に差がある可能性があるため、選択時に慎重になる必要があります。

また、リフォーム業者間で価格に差が生じることがあります。業者選定時に複数の見積もりを比較検討し、コストと品質をバランス良く考慮することが大切です。

地元の外壁塗装会社

地元の外壁塗装業者は、コミュニティに密着し、信頼と手頃な価格でサービスを提供する存在として、多くの利点を持っています。

地元業者は地域社会に根ざしており、顧客のニーズを理解しているため、顧客満足度が高いことが多いです。また、施工の価格帯はハウスメーカーやリフォーム業者よりも低めに設定されていることが多いです。

地元業者の品質や信頼性を判断するのは難しい場合があります。悪徳業者に注意が必要なので、情報収集が重要です。

まとめ

外壁塗装業者を選ぶ際の要点は以下の通りです。

相見積もり取得: 複数の業者から見積もりを取り、適正価格を確認しましょう。
施工実績確認: 過去のプロジェクト内容と品質を調査し、実績を確認しましょう。
質問回答確認: 専門的な質問に対する回答と、過去のクライアント評価を考慮しましょう。
資格と許可確認: 塗装技能士の資格と建設業の許可を持つ業者を選びましょう。
アフターフォローと保証確認: アフターフォローと保証内容を理解し、書面で残し、保管しましょう。

外壁塗装は住宅の保護と美観の維持に関わる重要なプロジェクトですので、業者選びに時間をかけて検討しましょう。

関連記事
LINE TEL MAIL