コラム    

50坪外壁塗装の費用相場・安くなる方法を解説|屋根工事も同時に行うのがお得?

50坪住宅にお住まいの方で外壁塗装を行うことを検討している場合、どのくらいの費用がかかるのだろうと心配しているかもしれません。確かに、外壁塗装の費用は高額で、50坪住宅ともなると、費用も高くなりそうです。そこで今回は、50坪住宅の外壁塗装費用相場を紹介。合わせて、外壁塗装の注意点も見てみますから、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装50坪の費用相場|90〜140万円

50坪住宅の外壁塗装の費用相場は90~140万円くらいです。これは全ての費用を含んだ額です。

外壁塗装の費用が変動する理由

50坪住宅の外壁塗装の費用相場を見てみましたが、実際には費用は様々な要因によって変動します。どのような要因によるのか、変動理由を解説しましょう。

理由①外壁塗装の面積

一口に50坪住宅といっても、外壁の塗装面積は各住宅で異なります。塗装面積が大きくなれば、必要な塗料も増え、手間もかかりますから、費用は高くなります。

理由②選ぶ塗料の価格

50坪住宅の外壁塗装に使う塗料の種類によって価格が変わりますが、塗料の価格が全体の費用にも影響します。

費用を抑えようと思えば、価格の安い塗料を使えばいいのですが、安い塗料は耐用年数が短いです。早く塗り絵時期を迎えます。

そのため、価格の高い塗料を使う方が長い目では持ちも良くなり、後での負担が軽減します。

塗料別の費用相場

外壁塗装で使う塗料別の費用相場を確認しておきましょう。

塗料の種類外壁塗装50坪の費用相場単価相場(/㎡)
アクリル塗料19万~35万円1,000~1,800円
ウレタン塗料33万~44万円1,700~2,200円
シリコン塗料45万~59万円2,300~3,000円
フッ素塗料75万~95万円3,800~4,800円
無機塗料69万~108万円3,500円~5,500円

理由③工事内容

50坪住宅の外壁塗装そのものの工事と合わせて行う工事の内容によっても費用が変動します。屋根塗装や、雨どいのメンテナンス、ベランダ防水工事なども一緒に行う場合は、追加費用が発生します。

付帯部の補修・修繕、塗装にかかる費用目安

付帯部修理項目施工費目安
シーリング(コーキング)打ち替え900円~1,200円/m
ひび割れ補修2,000円〜4,000円/m2
軒天塗装800円〜2,000円/m2
破風板(はふいた)・鼻隠し塗装800円~2,000円/m2
雨どい塗装650円~1,500円/m2
雨戸塗装2,000円~3,000円/m2
ベランダ・バルコニー2,000円~8,000円/m2

外壁塗装50坪の費用内訳

50坪住宅の外壁塗装にかかる費用の内訳を見てみましょう。次のような内訳になっています。

費用内訳費用の割合
材料費(塗料)20%
足場代20%
施工費(人件費)30%
その他費用30%

施工業者によっても多少異なりますが、大体上記の内訳、費用の割合と見ておけば間違いないでしょう。上記から大きく逸脱している場合は、業者に理由を確認してください。

50坪住宅の外壁塗装費用の求め方

50坪住宅の外壁塗装費用を自分で求めたいという方もいるでしょうから、計算方法を紹介します。

外壁塗装全体の費用は次の計算式で算出できます。

外壁面積×工事代の単価(塗料代・足場代等)+その他諸経費

ポイントは外壁面積と工事代の単価。その他諸経費もありますが、各項目を埋められれば、費用が出てきます。そこで各項目の計算方法を見ておきましょう。

外壁面積の算出方法

外壁面積は、次のような計算式で算出できます。

外壁面積=延べ床面積(㎡)×1.1~1.3(係数)

延べ床面積とは、各階の面積を合計した面積のことです。2階建てなら、1階の面積と2階の面積を合計したものが延べ床面積となります。

係数は窓の部分など塗装しないところを省くための数字です。

工事代

工事代のうち、塗料代についてはすでに紹介しました。

塗料別の費用相場

足場代などの工事代は以下のようになっています。

工事工程単価(㎡)*3回塗りの合計
飛散防止ネット150~250円/㎡
高圧洗浄200~250円/㎡
足場設置850~1,1,20円/㎡
下地補修600~1,000円/㎡
コーキング500~1,000円/m
屋根塗装2,400~2,600円/㎡

その他諸経費

その他諸経費の目安は工事費用の10%程度です。

以上の数値を最初に紹介した計算式に入力すれば、自分で外壁塗装の総額を求められるでしょう。

外壁塗装の費用が相場より高くなる要因

50坪住宅の外壁塗装の費用相場を示しましたが、実際の施工では相場よりも費用が高くなることがあります。どのような要因によって高くなるのかを説明しましょう。

高くなる要因①3階建ての家

50坪住宅ともなると、3階建ての家もあるでしょうが、3階建ての外壁塗装の費用は2階建てよりも高くなります。

理由は足場にあります、3階建てでは、足場に必要な資材も多くなる上、組み立ても強固にしなければならず、手間が増えます。

また、外壁面積も大きくなる分、使用する塗料も増え、作業も多くなりますから、当然費用は高くなるのです。

高くなる要因②道路使用許可・道路占用許可が必要になる場合

50坪住宅の外壁塗装では足場を組みますが、足場の設置で「道路使用許可」「道路占用許可」が必要になるケースがあり、ここで費用がかかります。

道路使用許可とは

足場の組み立て・解体時に使うトラックを施工する住宅の敷地内や前に駐車する場合はいいのですが、状況により駐車禁止の場所や交通量の多い大通りに駐車せざるを得なくなるときがあります。その際には、「道路使用許可」を受けなければいけません。「道路使用許可」を得るには費用がかかるのです。

  • 申請手数料:3,000円前後(都道府県による)
  • 誘導員(ガードマン)が必要な場合は人件費も追加
  • 人件費・手数料などが1万円~

余計な費用がかかれば、外壁塗装の費用も高くなります。

道路占用許可とは

足場が敷地外にはみ出す場合は、「道路占有許可」を取得しないといけませんが、ここでも費用がかかります。

  • 占用料×専用面積(㎡)×期間(月):占用料は市区町村によって異なります
  • 人件費・手数料などが1万円~

「道路使用許可」「道路占用許可」 ともに状況に応じて必要な許可ですから、費用がかかっても申請しないといけません。

高くなる要因③外観のデザインが凝った家

外観のデザインが凝った家は、外壁塗装の費用が高くなりやすいです。

理由は手間がかかる、作業が増える、別色の塗料を使わなければならなくなるなどです。

シンプルなデザイン、形の家の外壁塗装なら、作業員も作業を進めやすいです。

一方、外観のデザインが凝っている、形が複雑である家になると、必要以上に外壁塗装の手間が増え、作業も複雑化します。別色の塗料を準備しなければいけなくなることもあるでしょう。

そうなれば、作業員の負担も増え、準備するものも多くなり、費用も高くなります。

高くなる要因④外壁の劣化が進んでいる場合

外壁の劣化が進んでいる住宅の外壁塗装では、費用が高くなります。

理由は外壁塗装以外の補修作業が生じるからです。例えば、ひび割れの場合は、コーキングやパテで補修。ひび割れが多い場合は、サイディングボードの交換・モルタルの作り直しなどで対応することになります。

いずれの作業も外壁塗装費用とは別費用になるので、追加費用で施工費が高くなります。

高くなる要因⑤仲介料

外壁塗装をどこに依頼するかによっては、仲介料が発生します。ハウスメーカーや工務店、大手リフォーム会社に外壁塗装を依頼した場合、多くの場合下請け業者が施工するのですが、ここで仲介料という余分な料金が発生するのです。

仲介料が発生すれば、本来の外壁塗装の費用よりも高くなります。

50坪住宅の外壁塗装を行う際の注意点

50坪住宅の外壁塗装を行う際には、注意すべきことがあります。後で後悔しないためにも必要な注意点ですから、よく確認してください。

注意点①優良業者を選ぶ

50坪住宅の外壁塗装をどこに依頼しようか、あれこれ迷うでしょうが、信頼できる優良業者を選ばないといけません。おかしな業者に頼んでしまうと、手抜き工事をされる、できが悪い、品質の悪い塗料で早く寿命が来る、法外な追加料金を請求されるなどのケースがあります。

では、悪徳業者を避け、優良業者を見つけるにはどうしたらいいかというと、次のようなポイントを押さえて、業者選びをしてみましょう。

  • 実績が豊富か(ホームページで確認できる)
  • 評判・口コミはどうなっているか
  • 技術は確かか
  • 悩みや要望に真摯に向き合ってくれるか
  • 工法や塗料ごとのメリット・デメリットをきちんと説明してくれるか
  • 適正価格になっているか

上記のようなポイントを確認してから業者選びをすれば、正しい選択ができるでしょう。

注意点②一社の見積もりで決めない

外壁塗装の見積もりは複数社にお願いしましょう。

一社だけに見積もり依頼をすると、結果が適正なものかどうか判断できません。比較材料がなければ、適正価格かどうか、施工内容の違いがどうなっているかなどもわからないでしょう。

そのため、複数社の相見積もりを取り、よく比較検討した上で、自分たちに合う業者を見つけてください。

注意点③参考価格を鵜呑みにしない

外壁塗装業者のホームページを見ると、よく参考価格が掲載されています。それを見ると、「これくらいの価格で外壁塗装をお願いできるのだな」と思いたくもなるでしょうが、鵜呑みのするのは待ってください。

参考価格はあくまでも参考価格です。実際の外壁塗装の費用は様々な要因によって変わってくるので、参考価格がそのまま当てはまるわけではありません。

詳しい価格についてそれぞれの住宅で違うので、正確な見積もりをしてもらう必要があります。

注意点④格安工事

50坪住宅の外壁塗装費用を抑えたいという気持ちはわかりますが、格安工事を売りにしている業者には依頼しない方がいいでしょう。

相場よりも極端に安い価格で施工を請け負っているのには理由があるはずです。施工がいい加減、手を抜いている、質の悪い塗料を使っているなども考えられます。

外壁塗装は決して安くできるものではありません。必要な材料、人件費、工事費などもいろいろあり、一定の金額になるのが普通です。それが格安でできるというのは、ちょっと疑わしいです。

格安工事業者に頼んで後で後悔するという場合もありますから、依頼するときはできるだけ適正価格の業者を選んでください。

まとめ

今回は、50坪住宅の外壁塗装費用に関する情報をお届けしました。

50坪住宅ともなると、外壁面積も広くなりますから、外壁塗装の費用も高くなりやすいです。

そこで自分でも外壁塗装費用の求め方を知り、相場を確認した上で、業者選びをして見ましょう。

業者選びのポイントは適正価格で施工をする優良業者。そのような業者に外壁塗装を頼めば、後で後悔することもないでしょう。

関連記事
LINE TEL MAIL