マンションの大規模修繕工事で追加費用がかかることがある? | 株式会社新東亜工業  

    コラム    

マンションの大規模修繕工事で追加費用がかかることがある?

大規模修繕や防水工事のご相談は実績豊富な新東亜工業へ

マンションの快適な生活を維持するためには、定期的な大規模修繕工事が必要です。しかし、工事後に追加費用が発生する可能性があることをご存知でしょうか?

このページでは、大規模修繕工事で追加費用が発生するケース、その理由、そして追加費用を抑える方法について詳しく解説します。工事費用の相場も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

改修費用の負担を軽減し、安心したマンションライフを送りましょう。

追加費用が発生する理由とは?

マンションの大規模修繕工事では、当初の予定よりも追加費用が発生することがあります。その原因は様々ですが、代表的なものとしては、タイルの枚数の増加、内部の劣化、足場の設置、災害の発生、工事の延期などが挙げられます。

タイルの枚数が当初の想定よりも多く必要な場合は、追加費用が発生します。これは、実際には当初の想定よりも多くのタイルを張り替える必要があるためです。

工事中に内部の劣化が発見された場合も、追加費用が発生します。これは、劣化部分を補修する必要があるためです。

足場の設置に費用がかかる場合も、追加費用が発生します。これは、複雑な形状の建物や、高層階の場合、足場の設置に費用がかかるためです。

工事中に災害が発生した場合も、追加費用が発生します。これは、復旧費用がかかるためです。

工事の延期により、人件費や資材費が高騰し、追加費用が発生する可能性があります。

これらの理由以外にも、様々な要因で追加費用が発生する可能性があります。そのため、事前にしっかりと調査を行い、追加費用のリスクを事前に把握しておくことが重要です。

タイルの枚数が追加費用の要因に?

マンションの大規模修繕工事では、当初の計画よりも費用が膨らんでしまうケースがあります。その中でも、タイルの枚数が増加することで追加費用が発生する可能性があります。

例えば、外壁タイルの修繕では、タイルの劣化状況によって交換が必要になる枚数が当初の想定よりも多くなることがあります。また、タイルの廃棄費用や新調費用が思ったよりも高くつく場合があり、追加費用に繋がってしまうのです。

タイルの枚数増加による追加費用を回避するためには、事前の調査を徹底することが重要です。専門業者に外壁タイルの劣化状況を正確に調査してもらい、交換が必要なタイルの枚数を把握しておく必要があります。また、タイルの廃棄費用や新調費用についても事前に見積もりを取得し、予算に余裕を持たせておくことが大切です。

このように、タイルの枚数増加は追加費用の要因となり得ます。事前の調査と対策をしっかり行うことで、追加費用を抑えることに繋がり、計画通りの修繕工事が実現します。

内部の劣化での追加費用

マンション大規模修繕工事では、追加費用が発生する可能性があります。追加費用の原因はさまざまですが、最も多いのは、工事中に建物の内部の劣化が見つかった場合です。

大規模修繕工事では、建物の外壁や屋上などの目に見える部分の補修が中心となりますが、工事中に内部の劣化が見つかることもあります。例えば、配管の腐食やコンクリートのひび割れなどです。このような劣化は、目視では確認できないことが多く、工事中に初めて発見されるケースが多いです。

内部の劣化が見つかった場合、当初の見積もりには含まれていなかった追加工事が必要になるため、費用が膨らむことになります。追加費用の額は、劣化の程度や必要な工事の内容によって異なりますが、数百万から数千万円になることも珍しくありません。

大規模修繕工事では、追加費用が発生する可能性を考慮して、余裕を持った予算を確保しておくことが重要です。また、工事前に建物の状態をしっかりと調査し、劣化の有無を確認しておくことも大切です。

足場の設置による追加費用

マンション大規模修繕工事は、建物の老朽化によって発生する損傷を修繕し、建物の寿命を延ばすための工事です。大規模修繕工事には多額の費用がかかるため、修繕積立金で賄えない場合は追加費用が発生することがあります。追加費用が発生する場合は、事前に住民に説明し、合意を得る必要があります。

追加費用が発生する理由は、工事内容の変更や追加、予期せぬ不具合が発生した場合などです。工事内容の変更や追加は、住民からの要望や設計の変更によって発生することがあります。予期せぬ不具合は、工事開始後に発見されることが多く、建物の老朽化などが原因です。

追加費用を抑えるためには、定期的なメンテナンスを行い、建物の状態を把握することが重要です。また、工事前に綿密な調査を行い、予期せぬ不具合が発生する可能性を少なくすることも大切です。

災害の発生による追加費用

大規模修繕工事中に災害が発生した場合、当初の計画にはなかった追加費用が発生する可能性があります。 例えば、地震や台風などの自然災害によって建物に損傷が生じた場合、その補修費用が必要となります。 また、災害によって工期が遅延した場合にも、追加の人件費や資材費が発生する可能性があります。

災害による追加費用を避けるためには、事前に災害対策を講じておくことが重要です。 例えば、耐震補強や防水対策を施しておくことで、災害による建物の損傷を軽減することができます。 また、工期に余裕を持たせておくことで、災害による遅延の影響を最小限に抑えることができます。

具体的な工事項目と費用目安

工事項目費用目安工事内容
エレベーター扉・枠の化粧シート貼り工事1台あたり約10万円〜15万円エレベーターの外観を新しく見せるための化粧シートの貼り替え
表札取替工事1枚あたり約5千円〜1万円耐候性やデザイン性に優れた新しい表札への交換
郵便ポスト入替工事1ユニットあたり約3万円〜5万円セキュリティ向上や利便性を考慮した新型ポストへの交換
エントランス改修工事状況により大きく異なるが、一般的には数百万円規模エントランスのバリアフリー化やデザインの刷新

エレベーター扉・枠の化粧シート貼り工事


エレベーターの外観を更新し、建物の印象を改善するための工事です。

この工事では、エレベーターの扉や枠に新しい化粧シートを貼り付けます。

化粧シートは、耐久性があり、様々なデザインや色が選べるため、マンションの雰囲気に合わせて選ぶことができます。

工事期間は短く、大がかりな工事を必要としないため、住民の日常生活に大きな影響を与えることなく施工が可能です。

表札取替工事


表札取替工事は、マンションの入居者の名前が記された表札を新しいものに交換する工事です。

この工事は、表札が劣化したり、デザインが古くなったりした場合、または入居者が変わった際に行われます。

新しい表札は耐候性に優れており、デザイン性も高いため、マンションの外観を一新する効果があります。

交換作業は比較的簡単で迅速に行えるため、住民の生活に大きな影響を与えることなく実施できます。

郵便ポスト入替工事

大規模修繕の際の郵便ポスト入替工事とは、マンションやビルなどの建物全体のリフォームの一環として行われるポストの交換作業を指します。

この工事は、建物の美観を向上させるだけでなく、防犯性を高めるためにも重要です。

古くなったり損傷したポストを取り除いたり、新しいポストを設置したりする工事です。

エントランス改修工事

大規模修繕におけるエントランス改修工事とは、マンションやビルなどの共用エントランス部分の大幅なリニューアルを指します。

この工事は、建物の老朽化に対応し、安全性や機能性を向上させるとともに、建物の価値を高めることを目的としています。


天井・壁・床の交換・オートロックシステムの導入・集合郵便受けの交換・照明器具のLED化・デザインのリニューアルなどの工事があります変更を行います。

追加費用を抑える方法とは?

追加費用を抑えるには、定期的なメンテナンスと業者へ丸投げをしないことが重要です。

定期的なメンテナンスやチェックを管理者が行うことによって、問題を早期に発見・解決することができ、大きな修理費が発生するのを防ぐことができます。また、丸投げをせずに自分でできる作業は自分で行うことで、人件費を抑えることができます。

機器の点検や清掃、消耗品の交換などがあります。また、丸投げをせずに自分でできる作業には、簡単な掃除など、これらの作業を自分で行うことで追加費用を抑えることができます。

定期的なメンテナンスを実践することで、無駄な出費を抑え、効率的な運用を実現することができます。

まとめ

マンションの大規模修繕工事は多額の費用がかかりますが、追加費用が発生する可能性があります。タイルの枚数増加や内部の劣化、足場の設置、災害の発生、工事の延期などが原因となり、追加費用が発生する可能性があります。

追加費用が発生した場合には、修繕積立金の増額、一時金の徴収、金融機関の借入などによって対処する必要があります。

追加費用を抑えるためには、定期的なメンテナンスを実施し、丸投げをせずに工事内容をしっかりと把握することが重要です。

大規模修繕工事は多額の費用がかかるため、長期的な計画を立てて資金を準備することが大切です。追加費用が発生する可能性についても事前に認識しておき、適切に対処できるように準備しておきましょう。

関連記事
LINE TEL MAIL