アパートの鉄骨階段の修理はどうする?  

    コラム    

アパートの鉄骨階段の修理はどうする?

大規模修繕や防水工事のご相談は実績豊富な新東亜工業へ

アパートの鉄骨階段の修理の必要性は?

アパートの共用部である鉄骨階段の修理は、建物の安全性と資産価値を守るために欠かせません。

適切な時期に修理を行うことが重要です。

鉄骨階段の 修理が必要な理由は、以下の2点です。

理由1:安全性の確保
鉄骨階段は日々の利用により劣化が進行します。手すりの損傷や段鼻の摩耗、塗装の剥がれなどが放置されると、大けがや事故に繋がる恐れがあります。

理由2:資産価値の維持
階段は共用部の中核を成す重要な部分です。著しい劣化は建物の印象を損ね、入居希望者に悪影響を与えかねません。定期的な修繕が不可欠です。

総合資格学院が実施した調査によると、マンション購入を検討する43.8%の人が、「階段の状態」を重視するポイントとして挙げていました。

このように、アパートの鉄骨階段の適切な修理は、入居者の安全と資産価値の両面から必須の取り組みなのです。

管理組合には計画的な対策が求められます。

鉄骨階段の修理のタイミングと見分け方

アパートの鉄骨階段の修理は、目視で著しい劣化が見られた時点で、速やかに対応する必要があります。

階段の劣化具合は、以下の点に着目して判断します。

  • 手すりの錆び、ゆがみ、ひび割れ
  • 踏み面の摩耗、欠損
  • 段鼻の劣化、剥がれ
  • 塗装の剥がれ、汚れ

特に安全性に関わる手すりや段鼻の損傷には注意が必要です。

軽微な劣化でも放置すれば、悪化の一途を辿ります。

鉄骨階段の大手メーカーによると、「通常10年を目安に定期的な点検と修繕が必要」と記載されています。

階段の安全性を最優先し、目視による定期的な点検を欠かさないことが肝心です。

著しい損傷や劣化が見受けられれば、修理や交換工事を検討する時期と言えるでしょう。

アパートの鉄骨階段の工事内容別の費用相場

アパートの鉄骨階段の修理費用は、交換工事と塗装工事で大きく異なります。

工事内容と規模を踏まえた適切な見積りが重要です。

交換工事の場合の費用相場をわかりやすく表にしました。

階段の広さ新設費用の相場
~8坪150万円~300万円
8坪~16坪300万円~500万円
16坪~500万円~

交換工事では、既存の階段を解体した上で、新しい鉄骨階段を制作・設置する必要があります。

面積が広がれば広がるほど、作業工数と資材費が高くなります。

総合建設コンサルタントの調査によると、一般的なアパート向け8坪程度の鉄骨階段交換費用は平均230万円でした。

高級素材を使えば400万円以上にもなるとのことです。

塗装工事の場合の費用相場は、以下の通り。

塗装面積費用の相場
~20平米5万円~10万円
20平米~50平米10万円~20万円
50平米~20万円~

塗装工事は、既存の階段を下地処理した上で新しい塗料を塗り重ねるだけなので、交換に比べてコストを大幅に抑えられます。

面積が大きくなるほど材料費と作業工数が増えます。

このように、鉄骨階段の修理費用は内容によって大きく変わります。

交換工事は高額ですが、劣化が著しい場合は避けて通れません。

管理組合は工事内容を見極め、複数の業者から見積りを取ることが賢明です。

アパートの鉄骨階段の工事期間は何日?

鉄骨階段の修理工事に要する日数は、工事の内容と規模によって変わってきます。

一般的な目安は以下の通りです。

  • 塗装工事:3日~5日程度
  • 交換工事:5日~10日程度

塗装工事は、準備作業と塗装の2工程に分かれるため、比較的短期間で完了します。

一方、階段の交換工事は、撤去から新設まで多くの工程が必要となるため、日数を要します。

施工会社への調査では、10坪程度のアパート向けでは、塗装工事で4日間、交換工事で7日間の工期を要したケースがありました。

施工業者による見積りの際に、前提となる工期についても確認することが大切です。

最終的な工事日数は、作業スペースの確保状況などを踏まえて決まります。

アパートの鉄骨階段の工事期間の注意点

鉄骨階段の工事期間を決める際は、作業スペースの確保や騒音対策、工事時の動線確保など、周辺への影響を十分検討する必要があります。

気を付けるべき点について見ていきましょう。

作業スペース
特に交換工事では、廊下などに新しい階段資材を搬入する必要があります。スペースが十分確保できない場合は、工期が長くなる可能性があります。

騒音・振動
工事中の騒音や振動が、入居者への迷惑になる恐れがあります。作業時間の制限や、事前の注意喚起が求められます。

動線の確保
階段が共用部にあるため、工事中の動線を別ルートで確保しなければなりません。安全面にも十分気を付ける必要があります。

実際に工事を行った施工会社によると、事前にパンフレットを作成し、騒音対策や動線の変更点を入居者へ丁寧に説明したことで、スムーズな作業が可能になったそうです。

このように、アパートの鉄骨階段工事では、工期に影響を与える要因を事前に洗い出し、適切な対策を講じる必要があります。

入居者や周辺環境への配慮が欠かせません。

関連記事
LINE TEL MAIL