コラム    

東京都文京区の大規模修繕は専門会社の新東亜工業へ

東京都文京区の大規模修繕は「高い技術力」「中間マージン不要」「10年保証」で安心・安全な施工に自信を持つ新東亜工業にお任せ下さい。

新東亜工業では、多種多様な工事実績があるので建物のメンテナンスを適切に行うことができます。

費用面と技術力であなたの資産価値向上を目指します。

お客様とのコミュニケーションをしっかり行い、建物の状況と予算に沿ったメンテナンス方法をご提案します。ぜひお気軽にご相談ください。

東京都文京区周辺の大規模修繕|実績・実例

東京都文京区Nビル

仮設足場工事 下地補修 洗浄工事 シーリング工事 塗装工事

防水工事

東京都中野区Kマンション

仮設足場工事 下地補修 シーリング工事 洗浄工事 塗装工事

防水工事 長尺シート工事

東京都中野区Lマンション

仮設足場工事 下地補修 洗浄工事 塗装工事 シーリング工事

防水工事 長尺シート工事

東京都墨田区M様邸

仮設足場工事 下地補修工事 シーリング工事 洗浄工事 塗装工事 防水工事

新東亜工業が行う大規模修繕の工事内容一覧

東京都文京区で施工できる建物

ビル

マンション

アパート

戸建て(一般住宅)

東京都文京区内の対応可能エリア

あ行愛住町、赤城下町、赤城元町、揚場町、荒木町、市谷加賀町、市谷甲良町、市谷砂土原町、市谷左内町、市谷鷹匠町、市谷田町、市谷台町、市谷長延寺町、市谷仲之町、市谷八幡町、市谷船河原町、市谷本村町、市谷薬王寺町、市谷柳町、市谷山伏町、岩戸町、榎町、大久保
か行改代町、神楽河岸、神楽坂、霞岳町、霞ヶ丘町、片町、歌舞伎町、上落合、河田町、喜久井町、北新宿、北町
さ行細工町、左門町、信濃町、下落合、下宮比町、白銀町、新小川町、新宿、水道町、須賀町、住吉町
た行高田馬場、箪笥町、大京町、築地町、津久戸町、筑土八幡町、天神町、戸塚町、富久町、戸山
な行内藤町、中井、中落合、中里町、中町、納戸町、西落合、西五軒町、西新宿、西早稲田、二十騎町
は行払方町、原町、馬場下町、東榎町、東五軒町、百人町、袋町、舟町、弁天町
ま行南榎町、南町、南元町、南山伏町
や行山吹町、矢来町、横寺町、余丁町、四谷、四谷坂町、四谷三栄町、四谷本塩町
わ行若葉、若松町、若宮町、早稲田鶴巻町、早稲田町、早稲田南町

東京都文京区の大規模修繕で利用できる補助金・助成金

東京都文京区では大規模修繕工事において様々な補助金・助成金が用意されています。

東京都文京区では、計画的に修繕を実施するための長期修繕計画を作成する費用を助成しています。

対象者

〇分譲マンションの管理組合

  • 延べ面積の1/2以上が住居用であること
  • 管理組合が適正に運営されていること
  • 管理規約が整備されていること
  • 長期修繕計画の作成及びその経費について、管理組合の総会または臨時総会により決議されていること
  • 建築後5年以上経過しているマンションであること
  • 今回の交付対象経費について文京区又は他の公共団体から助成金等の交付を受けていないこと
  • 10年以内にこの助成金の交付を受けていないこと

〇賃貸マンションを所有する個人

  • 延べ面積の1/2以上が住居用であること
  • 住民税を滞納していないこと
  • 建築後5年以上経過しているマンションであること
  • 今回の交付対象経費について文京区又は他の公共団体から助成金等の交付を受けていないこと
  • 10年以内にこの助成金の交付を受けていないこと

助成額

税抜き作成費の50%(1,000円未満切り捨て 上限50万円)

長期修繕計画を作成する3週間前までに申請が必要です。(年末年始及び大型連休を含む場合は4週間前まで)

長期修繕計画の作成終了後、2か月以内に実績報告書を住環境課に提出してください。実績報告書の最終提出期限は年度内の2月10日です。

〇お問い合わせ先

東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター18階北側
住環境課管理担当
電話:03-5803-1374
FAX:03-5803-1376
メールフォーム:https://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/profile/sosiki-busyo/jyukankyo/query.html

東京都文京区では、令和3年に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づき、文京区耐震改修促進計画を策定しました。

この計画では、令和7年までに住宅系建築物の耐震化率を95%にする目標を定めています。

耐震診断助成

対象者

建物の所有者です。分譲マンションの場合は、総会等で耐震診断を実施することを議決した議事録の提出が必要です。

対象建物・助成額

〇昭和56年5月31日以前に建築された建物(延べ面積が10㎡以内の物置等、すでに建築基準法等に違反して是正の指導を受けている建物は除く)

建物助成金
木造建築物(一般)耐震診断に要した費用の8/10(上限10万円)
木造建築物(高齢者等居住)耐震診断に要した費用の10/10(上限20万円)
非木造建築物耐震診断に要した費用の1/2(上限50万円)
特定既存耐震不適格建築物耐震診断に要した費用の1/2(上限100万円)
分譲マンション耐震診断に要した費用の1/2(上限150万円)

耐震設計助成

対象者

耐震診断に基づき、耐震設計を行う建物の所有者

対象建物・助成額

〇昭和56年5月31日以前に建築された住宅建築物で、耐震化基準に満たないもの

建物助成金
非木造住宅耐震設計に要した費用の1/2 (上限40万円)
分譲マンション耐震設計に要した費用の1/2 (上限250万円)

※耐震設計は、耐震基準を満たすものとすること。

耐震改修工事助成

対象者

耐震改修工事等を行う建物の所有者で、分譲マンションの場合は、総会等で耐震診断を実施することを議決した議事録の提出が必要です。

土地と建物の所有者が異なる場合は土地所有者の同意書が必要です。

対象建物:助成額

〇昭和56年5月31日以前に建築された住宅建築物で(併用住宅を含み延べ面積の1/2以上を住宅の用に供するものに限る)、耐震化基準を満たさないもの

対象地区:準防火地域内

建物助成金
木造住宅耐震化助成(一般)助成対象設計費・工事費の1/2以内(上限120万円 すでに耐震設計助成を受けている場合は上限100万円)
木造住宅耐震化助成(高齢者等住居)助成対象設計費・工事費の3/4以内(上限240万円 すでに耐震設計助成を受けている場合は上限200万円)

対象地区:区内全域

建物助成金
木造住宅除却助成 ※建築基準法の道路に2m以上接していない建築物を除く助成対象解体工事費の1/2以内(上限100万円)
木造住宅耐震シェルター等助成一般:助成対象工事費の1/2以内(上限20万円以内)高齢者等:助成対象工事費の3/4以内(上限40万円以内)
非木造住宅耐震改修工事助成助成対象工事費の1/2以内(上限300万円)
分譲マンション耐震改修工事助成助成対象工事費の1/2以内(上限2,000万円)
〇お問い合わせ先

東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター18階北側
地域整備課 耐震・不燃化担当
電話:03-5803-1846
FAX:03-5803-1376

メールフォーム:https://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/profile/sosiki-busyo/jyukankyo/query.html

東京都文京区ではマンション共用部分のバリアフリー化工事に係る費用を助成します。

対象者

分譲マンションの管理組合

  • 延べ面積の1/2以上が居住用であること
  • 管理組合が適正に運営されていること
  • 管理規約が整備されていること
  • バリアフリー化工事の実施及びその経費について、管理組合の総会または臨時総会により決議されていること
  • この助成金の交付を受けたことがないこと
  • 今回の経費について文京区又は公共団体から助成金等の交付を受けていないこと。

賃貸マンションを所有する個人

  • 延べ面積の1/2以上が居住用であること
  • 住民税を滞納していないこと
  • この助成金の交付を受けたことがないこと
  • 今回の経費について文京区又は公共団体から助成金等の交付を受けていないこと。

助成額

税抜き工事費の10%(上限100万円)

工事開始の3週間前までに申請が必要です。(年末年始及び大型連休を含む場合は4週間前まで)

〇お問い合わせ先

東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター18階北側
住環境課管理担当
電話:03-5803-1374
FAX:03-5803-1376
メールフォーム:https://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/profile/sosiki-busyo/jyukankyo/query.html

大規模修繕を行うメリット

大規模修繕工事を行う目的は、劣化部分の補修だけではなく、老朽化の進行を遅らせたり、美観を向上させて資産価値を向上させることにあります。

マンションやアパートの大規模修繕を適切に行うメリットをひとつずつ解説します。

バリューアップ

大規模修繕工事は、建物の資産価値を向上させます。「バリューアップ」とは、資産価値の向上のことをいい、建物における大規模修繕工事では、所有される建物をより快適に住みやすくし、美観を向上させます。

小規模の改修工事では行えない、大規模改修ならではの工事で、劣化した建物の機能を回復させ、快適で安全に暮らせるようになります。

空室対策

前述のとおり、適切な大規模修繕工事を行うことで、マンションやアパートの美観の向上や快適で安全な暮らしを得ることが可能です。

オーナー様にとって大規模修繕工事は下記の3つの点で大きな効果をもたらします。

  • 家賃水準の維持
  • 入居率の確保
  • 周辺物件との競争力強化

大規模修繕工事で住環境を改善することができれば、住民の生活環境が向上し、地域の周辺物件より選ばれやすくなる、退去者が減る、など、空室対策につながります。

収益改善

大規模修繕工事を適切に行うことでバリューアップ・空室対策を図ることができると、さらにマンション・アパート経営においての「収益改善」が見込まれます。

オーナー様にとって所有されるマンション・アパートなどの建物は「資産」です。

大規模修繕工事を適切なタイミングで行うことで、経年による劣化スピードを遅らせ、資産価値の向上、建物・設備の維持につながります。

もし資金の問題で大規模修繕工事ができない状態が長引くと、建物の劣化は進み、雨漏りや外壁タイルの落下などの発生が考えられます。通行人や住民への被害が出て損害賠償が発生してしまっては、より経営悪化につながりかねません。

資金がないからと言って建物の劣化を放置するのではなく、実害が出る前の、余裕がある状態での修繕工事の検討がおすすめです。

弊社では大規模修繕に限らず、小規模な修繕や中規模な修繕も承っております。

リスク管理

大規模修繕工事を適切に行うことで、建物の劣化状況を把握することができ、次期の工事スケジュールや予算が組みやすくなるメリットが得られます。また、大規模修繕工事を適切に行うと、最も大切な「安全」に対するリスク管理を図ることができます。

大規模修繕工事で屋上防水、外壁補修によって建物への雨水の侵入をふせぎます。

雨水が建物内部に侵入すると、雨漏りの心配だけではなく、躯体の脆弱化が発生し、地震による倒壊が心配になります。住民の安全を守るためにも、建物の「リスク管理」を適切に行いましょう。

大規模修繕のタイミング

大規模修繕を行うタイミングとして適切なのは、一般的に12年周期だといわれています。12年という周期は、国土交通省が作成する「長期修繕計画作成ガイドライン」を参考にしています。

長期修繕計画作成ガイドライン

「長期修繕計画作成ガイドライン」とは、国土交通省が一般的な仕様の中高層の巣棟型マンションを想定し、適切な長期修繕計画の参考とするために作成しているガイドラインです。

この「長期修繕計画作成ガイドライン」におけるマンションの長期修繕計画の基本的な考えを項目別に下記の表にまとめました。

項目基本的な考え方
長期修繕計画の目的「快適な住環境の確保」「資産価値の向上」を維持するためにするべきこと
・将来見込まれる修繕及び改修工事の内容、おおよその時期、概算の費用などを明確にする
・修繕積立金の額の根拠を明確にする
計画の前提・建物及び設備の性能
・機能を新築時と同等水準に維持
・回復させる修繕工事を基本とする
・区分所有者の要望などに応じ、建物及び設備の性能・機能を向上させる
・法定点検等は適切に実施する
・計画修繕工事の実施の要否は、事前の調査等の結果に基づいて判断する
計画期間の設定30年以上で、かつ大規模修繕工事が2回含まれる期間以上とする
参考:国土交通省 https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001600130.pdf

このガイドラインは令和3年9月に見直しが行われ、大規模修繕工事の適切な周期は12~15年と改定されています。新築時に使用されている塗料やシール材の保証期間が10年程度で設定されていることも改定された理由の一つです。

周期にこだわらない小規模修繕を

12~15年の大規模修繕工事のサイクルの中途段階で建物や設備に劣化箇所が見つかった場合、なるべく早く小規模修繕を実施しましょう。

小規模修繕とは、部分補修や雨漏り補修など、工事範囲が狭い修繕工事のことを指します。

サッシ廻りのシールの破断や、外壁のタイル欠損など、放っておくと建物内部に雨水が入り込み、コンクリートや鉄筋を劣化させ、建物の脆弱化を加速さます。

12年周期だからといって大規模修繕工事のタイミングまで劣化箇所を放置せず、定期的な点検やメンテナンスを行いましょう。住居環境の保全において、点検やメンテナンスの実施は重要です。

新東亜工業が文京区のみなさまに選ばれる理由

中間マージンがない

管理会社や建設会社を挟むと、その会社分の人件費やコスト=中間マージンが積み上がっていくことになります。新東亜工業では、お客様と直接対話し、材料、足場、施工まで全て自社施工で行なっております。

塗料の仕入れ価格が違う

新東亜工業では、子会社に塗料販売店を持っており、塗料を各メーカーから卸価格で調達することが可能です。

メーカーと直接やりとりしていることになり、材料費は大体15〜20%削減が可能です。

足場材を自社所有

弊社は創業当初より足場材を自社所有しており、足場材のレンタル費用を見積りに含める必要がありません。他社より格段に安い価格にて、品質管理された足場を提供することが可能です。

10年保証と長期のアフターフォロー

技術に絶対の自信を持っているからこそ、万が一10年以内に不具合が生じた場合はすぐに対応させていただきます。

弊社は工事が終わったら「終わり」とは考えていません。

オーナー様が10年、15年を気持ちよく過ごされるために長期間に渡ってフォローいたします。

※ペンキの剥がれなど通常の経年劣化については対象外となってるのでお問い合わせください

大規模修繕工事の流れ

足場・共通仮設の設置

資材置き場や道具の洗い場となる仮設の事務所を設置します。

建物の外周には、足場を設置し飛散防止のためのメッシュシートを張ります。

調査・下地補修工事

コンクリートやモルタルなどのひび割れや躯体の欠損などを調査し、下地の補修を行います。

シーリング工事

劣化した古いシーリングをはがし取り、新しいシーリング材を充填します

洗浄工事

外壁や天井、床などの表面に付着した汚れや塗膜を除去します。

外壁塗装工事

美観を保つだけでなくコンクリートやタイルを保護する目的があります。

鉄部または木部塗装工事

鉄材の耐久性を向上させるための塗装工事です。

長尺工事

廊下や階段、バルコニーなどに長尺シートを貼る工事を行います。

防水工事

バルコニーや屋上、廊下や階段部分の防水工事を行います。

建具・金物工事

扉のドアクローザーや蝶番、サッシを交換したり、郵便受けや面格子、金属手すりなど金物を新しいものに交換したり、補修を行います。

足場・共通仮設解体

設置した足場や仮設建物の撤去を行い、工事で一時撤去したものなどの現状回復を行います。

引き渡し & アフターサービス

竣工検査を行い、竣工資料と保証書をお渡しいたします。

アフターサービスについての説明を行い、お引き渡しとなります。

ご相談から工事までの流れ

弊社、新東亜工業へご相談頂くと、以下の流れで工事完了まで完全フォロー致します。どんな些細な疑問でも、プロの担当者が丁寧にお答えしますので、納得のいくまでご質問ください。アフターフォローもしっかり行いますので、最後まで安心して工事をお任せください。料金、内容、スケジュール面の全てにおいてご満足いただけるよう、全力で取り組みます。

問い合わせ

まずはお電話または下記のフォームからお問合せください。

工事について、決まっている点、迷っている点など、どんな些細なことでも丁寧にお答えします

建物調査

スケジュールの調整後、現在の建物の状態を調査させていただきます。

この時に御見積に必要な建物の計測などもさせていただきます。 1時間〜2時間程度で終了します。

お見積り

現地調査結果をもとに算出して御見積もりを作成します。その際にお伺いしたご予算など、お客様のご希望も反映させた上、ご説明に上がります。

御見積とともに、下記の資料をご用意します。

・使用材料などのカタログ

・工程表

ご契約

御見積書やスケジュールにご納得いただけましたら、ご成約となります。ご納得いただけないまま進むことはありませんので、ご不明点などはお申し付けください。

近隣の方へご挨拶

ご近所にお住まいの皆さまには、着工の1週間前に工事開始のご挨拶に伺います。

施工中はできる限りご迷惑をおかけしないよう、細心の注意を払って行います。

(建物の規模により、案内の方法や時期は異なります)

工事着工

高所の作業が必要な場合は、安全・確実な施工が行えるよう仮設足場を設置します。

また、近隣住宅や屋内へのほこりの飛散を防止するために養生にも万全を期します。

完了&アフターフォロー

当社の保証は10年の長期保証。「おかしいな」と感じた際にはご連絡ください。速やかに対応いたします。

このようなお悩みやご要望がありましたらぜひご相談ください

  • 突然の雨漏りでどう対処すればよいかわからない
  • 大規模修繕計画や時期について相談したい
  • なるべくコストを抑えて大規模修繕がしたい
  • 複数の会社との相見積りで比較検討したい

1営業日以内にご連絡いたします。
ご希望の工事内容や建物の面積等をお聞かせいただければ、費用の概算や工期をすぐにお答えします。

関連記事
LINE TEL MAIL